2009年02月24日

パワーポイント(power point)のオートシェイプ機能

オートシェイプちうのは、三角形や四角形それに噴出しや矢印やらなんやらをマウスでドラッグ・アンド・ドロップするとオノレの思い通りの形になる図形描画機能や。特に、マイクロソフト社のエクセルやワード、パワーポイントで使うことができまんねん。

楕円形の中に文字を入れたり、文字を四角形で囲ったりすることで、文字を強調しアクセントを付けることができまんねん。パワーポイントでオートシェイプを使う場合には、まずオノレが表現したい内容を考え、それに合った、対比や因果、階層やらなんやらの図形を考えまんねん。最初はイメージを浮かべ、適当に形を作っていきまんねん。

後は、図形をわかりやすく並べまんねん。パワーポイントでは、図形の調整ツールバーが一番下にあるので、配置や整列をクリックして作るんや。次に図形の中に文字を割り振って入れていきまんねん。もし、図形を変更したい場合には、図形をクリックすると図形の周りに四角い点線と四隅の角とそれぞれの辺の中間に小さな正方形の形が現われまんねん。

そこにポイントの先を合わせてドラッグすると、形が自在に変化しまんねん。立体の図形には、真ん中に小さくて黄色いひし形の点が現われまんねん。これを調整ハンドルと呼びまんねん。このハンドルでは、全体の図形の形や大きさを変えることができまんねん。文字を入力した後で、別の形に変えたい場合には、図形描画ツールバーからオートシェイプの変更をクリックしまんねん。オートシェイプの構成パターンには、この他、分割したり包含したり重ね合わせたりするパターンがあるんや。




Posted by yamana  at 21:27 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
パワーポイント(power point)のオートシェイプ機能
    コメント(0)