スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局  at 

2008年12月22日

エクセルでのテンプレートの作成方法

エクセルでよく使うフォームはおまへんか?よく使うフォームを上手く活用するにはエクセルのテンプレートが便利や。テンプレートちうとなんだか難しそうやけどアンタ、テンプレートは簡単に言うと雛型(ひながた)のことや。よく使うフォームをテンプレートにしておけば、毎回内容をゼロから作り始める必要がないのでどエライ便利や。テンプレートはファイルの保存形式を変えるだけで簡単に作ることができまんねん。

<テンプレートの作り方>

1.エクセルでテンプレート保存したい内容を作るんや。
2.ファイルメニューの「名前をつけて保存」を選択しまんねん。
3.ファイルの種類で「テンプレート」を選択しまんねん。そうすると自動的に保存先が「Templates」ファイルになるんや。
4.ファイルに保存して終了や。

<テンプレートの使い方>

1.エクセルを立ち上げまんねん。
2.メニューのファイル→新規作成→「標準タブ」にあるファイルから使いたいテンプレートを選択し開きまんねん。
3.テンプレートに必要事項やらなんやらを入力し、名前をつけて保存しまんねん。

テンプレートは基のデータをベースにして必要に応じて追加事項を入力したり、修正したりして使いまんねんわ。テンプレートは追加入力や修正をしても基となるデータは変わりまへんちう特徴があるんや。

テンプレートを使って作ったものは保存時に「名前をつけて保存」するようなシステムになっとるので安心や。テンプレートをオノレで作ることもええやけどアンタ、もともとエクセルの中に入っとるものもあるので、是非チェックしてみるとええでっしゃろ。また、テンプレートのタダサイトもたくはんあるのでチェックしてみておくんなはれ。  


Posted by yamana  at 22:36Comments(0)